介護保険サービス!福祉用具は買った方が良いの?借りた方が良いの?

福祉用具介護

この記事では、福祉用具は借りた方が良いのか、はたまた買った方が良いのかをお伝えしたいと思います。

先日友人から質問がありました。

知り合いの人が歩行器が必要になったみたいなんだけど、借りた方が良いの?買った方が良いの?

結論としては借りた方が良いと私は伝えました。その理由も含めて順に説明していきます。

その前に、「福祉用具貸与」と「特定福祉用具購入」という居宅サービスについて説明しますね。

スポンサーリンク

福祉用具貸与 とは?

福祉用具貸与は居宅サービスの一つで、下記に記載する13種類の福祉用具を1割~3割の自己負担で借りる事が出来ます。

  1. 手すり(工事を伴わないもの)
  2. スロープ(工事を伴わないもの)
  3. 歩行器
  4. 歩行補助杖(松葉杖、他点杖)※足が1本しかない杖(T字杖)は含まれません
  5. 車イス
  6. 車イス付属品(クッション、電動補助装置等)
  7. 特殊寝台(電動ベッド)
  8. 特殊寝台付属品(柵・マットレス・テーブル等)
  9. 床ずれ防止用具
  10. 体位変換器
  11. 認知症老人徘徊感知機器(離床センサーを含む)
  12. 移動用リフト(立ち上がり座椅子・入浴用リフト・段差解消機等)
  13. 自動排泄処理装置

1~4までは要支援1.2、要介護1の方も借りる事が出来ますが、5~12までは要介護2~5の方しか借りる事が出来ません。また13は要介護4.5の方だけが借りられるものになります

ただし、5~12までのものでも主治医が必要と認めるものについては市町村に申請を出し利用できるようにする事も可能です。申請方法等は各市町村で違いがあると思います。13も尿のみを自動的に吸引できるものは要支援1~要介護3の方でも借りる事が出来ます。

特定福祉用具購入とは?

下記5種類の福祉用具を購入する場合は1~3割の負担で購入する事が出来ます。

  1. 腰掛便座(ポータブルトイレ)
  2. 入浴補助用具(入浴用イス、浴槽用手すり、浴槽内イスなど)
  3. 簡易浴槽
  4. 自動排泄処理装置の交換部品
  5. 移動用リフトのつり具の部分

購入費用は年間10万円が上限です(毎年3月31日にリセットされ、4月1日から1年間になります)。

福祉用具の貸与品と購入品を考える

介護保険に該当する福祉用具は、貸与品13種類、購入品は5種類と限られたものになります。生活をする上で貸与品については保険適用されているもので不足する事はほとんどありませんが、購入品は保険適用になるものでは生活の全てを補うことは出来ません。

購入品は主に貸与として使いまわすには、衛生的に好ましくないものが選定されています。その為ポータブルトイレや入浴用イス等、他者が使用したものを一定の金額で貸し出すには不向きなものを購入する際に保険支給の適用となっています。

介護用品と言えば、おむつや自助具、靴など様々な物がありますが、これらは「特定福祉用具購入」の保険適用にはなりません。必要であってもすべて自費になります。

福祉用具は買った方が良いのか?借りた方が良いのか?

結論として「福祉用具貸与」でレンタル出来るものに関してはすべて借りた方が良いと私は考えます。

それは何故か?使ってみて合わなければすぐに返せる。壊れたら新しい物に交換してもらえる。定期的に点検してもらえるからです。

  • いつでも返却可能
  • 故意に壊したものでなければ交換可能
  • 定期点検あり

福祉用具は使用してみないとわからない物が多いです。この記事の冒頭の歩行器が正にそれです。「歩行器」と呼ばれる物と「シルバーカー」と呼ばれる物は少し違いがあります。良く街中で高齢女性が押しているカートの多くはシルバーカーです。歩行器は介護保険で貸し出すために一定の安全基準をクリアした物になります。良く見るとブレーキの形状や安定感などに違いがあります。

シルバーカーは介護保険適用ではないので、自費で購入する事になります。金額としては様々ですが、10000円前後~25000円程度の物が多い印象です。

一方歩行器は用途に応じて様々ですが、購入する場合屋外で使用する物になると25000円~50000円程度です。

例えば、シルバーカーを購入してすぐに使わなくなってしまった場合、10000円のゴミに代わってしまいます。しかし、貸与であれば使わなくなったら返却すれば良いのです。歩行器のレンタル代は物にもよりますが月200円~500円程度。月200円であれば10000円に達するまで4年以上掛かる計算になります。その間に劣化してしまえばまた同様の新しい物に交換も可能です。

もし気に入った物がシルバーカーなのか、歩行器なのかわからない場合は担当のケアマネジャーに相談してみてください。ケアマネジャーから福祉用具専門相談員のいる事業所へ相談して確認してくれます。

シルバーカーの購入が必要な方で、介護保険申請を考えている方は地域包括支援センターへ相談頂いても良いと思います。介護保険申請方法については参考記事をご覧ください。

まとめ

私の考えとしては、福祉用具貸与でレンタルできる商品はすべて借りた方が先々を考えると良いと思います。特殊寝台や車イスも同様です。

しかし、考え方は人それぞれです。「どうしても人が使ったものを使用するのは嫌だ」という方は購入も選択の一つです。購入する際にはどの程度の金額が掛かり、購入後の処分等はどのようになるのかも購入先の事業所等に確認してみてください。

補足を踏まえて福祉用具貸与の良い点を再度記載します。

  • いつでも返却可能
  • 故意に壊した物でなければ交換も可能
  • 定期点検あり
  • レンタル品を貸し出す際は事業所が清掃・消毒を行った綺麗な物を準備してくれる
  • 商品は様々、合わなければ他のものと交換も可能
カイゾウ
カイゾウ

介護保険で借りる際にはケアマネジャーに相談してくださいね~!

ではまた!

コメント